ニセコ、比羅夫内を運行するスキーバスについて

ニセコ内には、はなぞのリゾートの運行するスキーシャトルが比羅夫地域まで無料で運行してます。これが結構便利で、街の中を移動することが出来ます。スキーをもって、移動するのは結構ハードなので、宿泊施設のバスストップを確認して、そのバスに乗って、リフトの隣まで行くのも良いでしょう。20分に一回ほどの間隔でスキーバスが運行しています。

比羅夫のマップを確認すれば、スキーシャトルのルートが記載されています。料金は無料です。スキー客のためのものなので、例えば、スーツケースとかを持って、乗ることは出来ません。また、これをつかって、花園から比羅夫まで戻ってくることも可能です。

花園のゲレンデで滑り終わり、これをつかい、比羅夫まで戻ってくるという方法です。使いこなせば、比羅夫の暮らしが楽しくなるでしょう。また、比羅夫はリゾート地ですが、近くに倶知安という街があります。ここでスーパーや、伝統的な日本料理、または味噌ラーメンなどを食べる事ができます。

夜もナイト倶知安号というものが出ており、こちらは料金がかかりますが、倶知安まで足を伸ばしてみるといいでしょう。比羅夫リゾートはまるでオーストラリアの様なリゾート、ほとんどの観光客が日本人ではなく、外国からの旅行客です。逆に、倶知安駅周辺は伝統的な日本の街になります。このコントラストはとても楽しいです。

様々な交通機関を使いこなして、ニセコの街を十分に楽しみましょう。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です