マラソンで成果を出すためのポイント

マラソンで良い成績を残すポイントはいろいろとありますが、そのなかでも特に重要なのは体調管理です。自動車のエンジンは日によって調子は変わりませんが、人間の体調は変動の影響が大きいです。普通に生活するだけなら気にならない程度でも、マラソンではわずかな差が結果を大きく左右します。したがって、食事や睡眠など多くの面で体に気を使わなければなりません。

本格的な試合に挑戦するなら、何週間も前から管理の徹底が求められます。体力が衰えないようにキープするには的確なセンスが必要です。そのため、やみくもに練習するのではなく、トレーニングの量をあえてセーブするなどの配慮も必要になります。走り始めてからのポイントとして、適切なペース配分が挙げられます。

選手によってタイプは異なりますが、特にこだわりがなければ序盤は流すのがセオリーです。後半に余力を残しておき、ペースが極端に落ちることを防がなければなりません。苦しくなってくるタイミングはさまざまですが、それを乗り越えるには前半に消耗しすぎないことが大事です。さらに、マラソンの巧者は自分の順位をうまくコントロールします。

たとえば、最終的にトップになる実力がある選手でも、終盤までは2位以下に留まるケースも珍しくありません。先行する選手を風よけにできるなど、2位以下のポジションには多くのメリットがあるからです。もちろんトップを走ることにもメリットはあるので、選手の考え方によって戦略は異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*