【残念】コロナ禍で多くのマラソン大会が中止

年齢を重ねても楽しめるスポーツの一つに「マラソン」があります。近年では益々拍車のかかる健康ブームによって、生活の一部としてジョギングやウォーキングを始める方が多いのではないでしょうか。その延長線上にあるのが「マラソン」であると言えます。ご存じのとおりマラソンは42.195キロの距離を走ります。

ただ、これはいわゆる『フル』と呼ばれるものであり、『ハーフ』だとその半分であるため、数字どおりに難易度はグッと下がります。また、各大会によりますが、まずは数キロ程度の特別な距離設定をしている大会もあるので、たとえ体力に自信がないような方であっても気軽に参加する方法は沢山あります。残念ながら現在では世界中を苦しませているコロナ問題によって、全国各地で開催予定であった大会が中止となっています。日常生活におけるジョギングやウォーキングでもマスク装着がエチケットとされるような状況の中にあるので、『走ること』に疎遠になってしまっている方は多いのではないでしょうか。

2020年の緊急事態宣言から、開催中止となっていたマラソン大会ですが、2021年になって感染症対策をとって規模を縮小しての開催を行う大会がチラホラと出てきてはいます。しかしながら、まだまだ都市部におけるビッグ大会は行われておりません。マラソンは参加するランナーとの戦いでもありますが、自分自身との戦いという側面も大きくあります。「無事に完走すること」や「目標タイムを切ること」、「以前の自己記録を更新すること」など、様々な目標を持つことができます。

一刻も早く元の日常が戻ってくるようになり、多くのランナーたちがまた走ることを再開することを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*