機能性サポーターでバランスを改善

サポーターを使うということは、その部分に何かしらの問題を抱えています。膝関節が痛い、ハムストリングを傷めやすい、肘に違和感があるなどがあります。また怪我をして治療中や治療後の保護のために使います。最近のものでは機能性に優れたタイプもあり、単なる保護を目的としているものだけではありません。

少し値段は高額になりますが、予防改善することができるので体に不安を抱えている人は機能性サポーターをおすすめします。衝突など事故によるものではなく、日ごろの運動からくる故障や怪我は、体の使い方に問題がありますが、使いすぎはまた別問題です。体の使い方が正しく行われていないと、バランスが崩れ故障している箇所にいつも大きな負担がかかっています。これを修正できないと痛い部分が治らず、いつまでも痛みが続きます。

それだけでなく、例えば左膝の関節が痛い場合、それをかばうために右膝関節も痛くなることがよくあります。これも痛い側の関節をカバーするために、反対側の関節に大きな負担がかかっていることが原因です。片方の膝にサポーターをつけるだけでなく、両方つけることをおすすめします。O脚やX脚の人はそれ自体が故障の原因となるので、下半身全体を覆う機能性サポーターをおすすめします。

足の正しい動きをサポートするので、怪我予防に役立ちます。上半身の機能性サポーターも有効で、猫背や腰のそりを改善できるので肩こりや腰痛予防だけでなく全身の動きを助けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*