サポーターで膝関節の可動域を制限する

更年期障害や認知症や骨粗鬆症や生活習慣病や老眼や薄毛や白髪や歯周病やシワやシミやたるみや加齢臭など、年齢を重ねると健康面や美容面の悩みが多くなりますが、膝の痛みもその代表的なものではないでしょうか。加齢に伴い膝関節が変形することで軟骨がすり減り炎症を引き起こし、それが痛みにつながるというメカニズムです。急激に太って体重が増加すると、膝への負担が大きくなりさらに症状が悪化します。軟骨を柔らかくなめらかな状態にするためにコラーゲンやグルコサミンやコンドロイチンを摂取する、下半身の筋肉を強化して骨にかかる負担を軽くする、リンパマッサージや入浴やツボ押しで血流を促進させるなど対処方法には様々なものがありますが、サポーターの装着もそのひとつです。

外側からアプローチする物理的な対処方法であるため、すぐに効果を実感することが出来ます。保温効果があるので患部が温まって冷えによる痛みや違和感が緩和される、サポーターで膝関節を固定することで関節の可動域が制限されて症状の悪化を防止することが出来る、痛みを忘れて思いっきりスポーツやアクティビティを楽しめるなどがあります。ロング丈のワイドパンツやロングスカートを穿けば厚手のサポーターを装着していることが周りにバレませんし、薄手のものを選べばボディラインが出るスキニーパンツを穿いても響きません。膝のお皿の下の部分に巻く幅が狭いスポーツタイプもありますし、幅が広めで長さもあるサポート力が抜群なものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*